TOP > シアリスのジェネリック

ジェネリック医薬品について解説します。

新薬とジェネリック医薬品

新薬とジェネリック医薬品の説明をする医者

最近よく「ジェネリック医薬品」という言葉を耳にしますよね。

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれており、新薬として開発された医薬品を基にして開発されています。

とある製薬会社が1からオリジナルの成分・製薬方法で開発を手掛けたものが新薬(先発医薬品)と呼ばれる医薬品です。

新薬は1から新しく開発された医薬品となっているため、今までにない成分・効果となっているのが特徴です。

新薬には特許期間と呼ばれる期間があり、この期間が過ぎるまでは新薬を開発した製薬会社が製薬や販売を独占します。

しかし、特許期間が過ぎれば他の製薬会社が製薬・販売することも可能になります。

そこで新薬を基にして開発されるのがジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品は新薬のように1から医薬品開発をするのではなく、すでに流通している医薬品を基にして開発されます。

そのため、その医薬品とまったく同じ成分が含まれていますし、当然効果や用途、安全性までも同じになります。

中には新薬と若干異なる成分を含ませたジェネリック医薬品もありますが、基本的には同一の医薬品と考えていいでしょう。

ただ、ジェネリック医薬品の形状に関しては必ずしも新薬と同じでなければいけないわけではないため、新薬と違った形状・服用方法となることもあります。

新薬とジェネリック医薬品は基本的にまったく同じ医薬品だと考えてもいいのですが、1点だけまったく違うポイントがあります。

それが薬価です。

新薬の開発には長い年月と膨大な費用がかかってしまいます。

しかし、ジェネリック医薬品は1から開発を手掛けるわけではないため、開発コストは新薬に比べるとかなり削減されています。

開発コストが抑えられているということは、販売価格をそれだけ安くしても充分に元が取れるということです。

そのため、ジェネリック医薬品は新薬に比べて遥かに安い料金で販売されているのです。

シアリスのジェネリック医薬品にはどのような種類があるのか

アプカリスSXオーラルゼリー

シアリスはイーライリリー社が開発したED治療薬ですが、特許期間が切れてからは続々と他の製薬会社がシアリスのジェネリック医薬品を開発・販売しています。

では、シアリスのジェネリック医薬品にはどのようなモノがあるのか、特徴的なジェネリック医薬品をいくつか紹介しましょう。

最初に紹介するのはアプカリスSXオーラルゼリーというジェネリック医薬品です。

シアリス自体は錠剤タイプですので、水と一緒に服用することになります。

しかし、人によっては錠剤の服用が苦手だという場合があります。

苦手意識はなくとも、加齢によってモノを飲み込む力が弱くなり、錠剤の服用が困難になりつつあるというケースも考えられます。

そういった場合にこのアプカリスSXオーラルゼリーは便利です。

その名前からもわかるように、こちらはゼリー状の医薬品となっており、水なしで簡単に飲むことができます。

「薬を飲んでいる」という感覚がまったくないですし、イチゴやオレンジといった7種類の味が用意されているのも飲みやすいポイントです。

また、錠剤タイプよりも吸収性が良いため、シアリスよりも即効性に優れている点も便利ですよ。

続いて紹介するのがシルダリストです。

本来であればジェネリック医薬品は新薬と同じ成分・効果となっているのですが、シルダリストにはタダラフィルだけでなく、バイアグラの主成分であるシルデナフィルも含まれています。

つまり、シアリスとバイアグラの両方を兼ね備えたED治療薬となっており、持続力に加えて勃起力にも期待できます。

他のジェネリック医薬品よりも値段は高くなってしまいますが、それだけの効果を秘めたED治療薬となっています。

他にも、シアリスのジェネリック医薬品として有名なタダシップやメガリスなどの種類もありますので、どんなジェネリック医薬品があるのか調べてみてください。

なぜインドでよくジェネリック医薬品が開発されるのか

インドのビルディング

現在、さまざまな国が医薬品の開発をおこなっています。

しかし、ジェネリック医薬品を開発している製薬会社を見てみると、特にインドの会社が多くなっています。

これはインドで物質特許(医薬品の成分に対する特許)が認められていないことが大きな理由となっています。

先ほども説明したように、ジェネリック医薬品の開発は新薬の特許期間が切れてからでなければいけません。

しかし、インドでは「特許」というもの自体が認められていないことが多く、たとえまだ特許期間中の医薬品であってもインドではジェネリック医薬品の開発ができるのです。

医薬品の開発技術に関してもインドはレベルが高いため、安心して使用できる高品質な医薬品として評価も高くなっています。

インドの特許法

インドの特許法について説明する医者

「インドでは物質特許が認められていないから」という理由だけで、インドだけが特許を無視してジェネリック医薬品を開発してもいいのでしょうか。

インドの特許法は他の国のソレとは違い、ジェネリック医薬品の開発が正規でおこなえるようになっています。

医薬品における特許は物質特許の他に、製法特許というものがあります。

これは医薬品の製薬に関する特許なのですが、インドでは物質特許のみが認められていません。

つまり、新薬と同じ成分を使いながらも違う製薬方法で開発をすることにより、それは新薬とまったく別の医薬品として認識されるのです。

こうした背景があることから、インドに関しては新薬の特許期間中であってもジェネリック医薬品の開発を進めることができるのです。